無職ですが部屋を借りることはできますか?

無職ですが部屋を借りることはできますか?

部屋探しをしている方で、無職・アルバイト店員等不安定な仕事に就いている方に関しては、入居審査を断られることがほとんどです。約款上、定職を持っていることと記載されている場合には門前払いです。フリーターで一定収入があっても、社会的信用や支払い能力が足りないとみなされてしまうからです。無職の方が部屋を借りる場合には、ご両親の名義で部屋を借りることが一番早く入居できる方法としてあげられます。デメリットとしては、親以外の断三者に保証人をお願いしなければいけないという点、敷金・礼金等の支払いは別としても親に印鑑証明・住民票・身分証明・支払い手続き等の書類提出を依頼しなければいけない点があげられます。

ハローワーク等で求職活動をする場合には、住民登録ができる住まいが必要になります。「住所がなければ求職活動ができない」旨を伝えて見ることも必要です。大手の不動産業者よりも、個人経営の不動産業者であれば多少の融通がきく場合もあります。賃貸契約は信用によって取り交わされますので、部屋探しをする本人が誠実な対応をしていくことで賃貸契約がかなうこともあります。入居審査・保証人制度等の難点も出てきますが、色々なケースを経験している不動産業者ですと、臨機応変に対応してくれることが多いようです。ですが、やはり信用が一番ですので、不動産会社の提案に甘えることがないように努める事も必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

駐車場つきの賃貸物件
今や家庭に自家用車があるのは当たり前になってきました。賃貸物件でも駐車場が付いている物件はとても人気が高いといえます。賃貸物件を探している際には、駐車場は必須という方も多いのではないでしょうか。駐車... 駐車場つきの賃貸物件の続きを読む>
古民家の賃貸物件
古民家に暮らしたいという方が急増中です。田舎の古民家にセカンドハウスを設けて、週末だけ田舎暮らしを堪能するという方もいるようです。また、古民家は築年数も経過していることから、大家さんの了承を取り付け... 古民家の賃貸物件の続きを読む>
日本家屋の賃貸物件
このところ、リフォーム番組などで大きく取り上げられ再び脚光を浴びている日本家屋。地域によって事情は変わりますが、区画整理や代替わり等によって古くから残されている日本家屋がなくなりつつあります。中には... 日本家屋の賃貸物件の続きを読む>

このページの先頭へ戻る