不動産屋での審査は厳しい?

不動産屋での審査は厳しい?

部屋探しをするうえで、不動産屋による入居審査が行われます。入居希望の物件が見つかったら入居申込書に必要事項を書き込みます。その際にチェックが入るのが定職を持っていること・年収はどのくらいであるかという点です。また、賃貸契約を結ぶ際には連帯保証人を立てる必要があります。連帯保証人が立てられない場合には、審査落ちしてしまうこともあります。昨今の事情では、退職した・無職であるという方も多いですし、保証人を立てることができないという方も多くいます。大家さんが了承をすることで退職者・無職の方でも入居できる場合もありますが、支払い能力に疑問が感じられた場合にはNGである場合が高いようです。支払い能力のある保証人を立てるよう強く求められることが先立つ場合もあります。

大手の不動産屋ではこの審査が厳しく、中では所得証明書の提出・会社の在籍証明等の提出を求められることもあります。また提携クレジットカードを作り、家賃をカード払いをすることで保証人不要とする不動産屋もあります。クレジットカードを作ることで、勤務先・年収・過去のトラブルや与信枠等を照会することができます。毎月カード払いを続けることで、社会的信用も構築できますので、借主にとっても好都合といえるでしょう。ただし、何らかの不都合でクレジットカードの審査落ちになってしまった場合には、当然不動産屋の入居審査にも落ちてしまいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

駐車場つきの賃貸物件
今や家庭に自家用車があるのは当たり前になってきました。賃貸物件でも駐車場が付いている物件はとても人気が高いといえます。賃貸物件を探している際には、駐車場は必須という方も多いのではないでしょうか。駐車... 駐車場つきの賃貸物件の続きを読む>
古民家の賃貸物件
古民家に暮らしたいという方が急増中です。田舎の古民家にセカンドハウスを設けて、週末だけ田舎暮らしを堪能するという方もいるようです。また、古民家は築年数も経過していることから、大家さんの了承を取り付け... 古民家の賃貸物件の続きを読む>
日本家屋の賃貸物件
このところ、リフォーム番組などで大きく取り上げられ再び脚光を浴びている日本家屋。地域によって事情は変わりますが、区画整理や代替わり等によって古くから残されている日本家屋がなくなりつつあります。中には... 日本家屋の賃貸物件の続きを読む>

このページの先頭へ戻る