激安賃貸物件

激安賃貸物件

賃貸物件を探している方の中で時折「激安物件」を見つける方もいることでしょう。立地の条件は良いのに家賃が激安という物件がまれにあります。このような場合には「わけあり物件」「見切り物件」であることがほとんどです。一番先にあげられるのは、自殺者・死亡者・火事等の補修跡がある事故物件であることです。これらの事件・事故があってから10年間は不動産価値が下がってしまいますし、不動産業者も入居の際に事故があった旨の告知義務があります。これに同意した場合にのみ入居することが可能になります。このほかには、交通アクセスが不便なため・道路が狭い、生活上利用せざるを得ない第三者の私道がある・築年数が古い等の理由で借り手が付かず「見切り物件」として提供していることもあります。デメリットに対して家賃を下げることでカバーしているので「激安物件」につながるのです。

たいていの場合は事故物件ではなく、築年数が古い、外観が人を遠ざけてしまう印象、主要道路・沿線主要駅から離れている等というような住むことに対しては影響がない物件ばかりです。築年数が古くても、内装・水回りは全てリフォームを済ませているという物件や、交通アクセス状況はかなり悪くても築3年以内の建物であることも。入居前には必ず現状の確認をすること、自分の中で居住するために納得できる物件か熟考されることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

駐車場つきの賃貸物件
今や家庭に自家用車があるのは当たり前になってきました。賃貸物件でも駐車場が付いている物件はとても人気が高いといえます。賃貸物件を探している際には、駐車場は必須という方も多いのではないでしょうか。駐車... 駐車場つきの賃貸物件の続きを読む>
古民家の賃貸物件
古民家に暮らしたいという方が急増中です。田舎の古民家にセカンドハウスを設けて、週末だけ田舎暮らしを堪能するという方もいるようです。また、古民家は築年数も経過していることから、大家さんの了承を取り付け... 古民家の賃貸物件の続きを読む>
日本家屋の賃貸物件
このところ、リフォーム番組などで大きく取り上げられ再び脚光を浴びている日本家屋。地域によって事情は変わりますが、区画整理や代替わり等によって古くから残されている日本家屋がなくなりつつあります。中には... 日本家屋の賃貸物件の続きを読む>

このページの先頭へ戻る