フリーターは入居可能ですか?

フリーターは入居可能ですか?

フリーターとはフリーアルバイターの略で複数のアルバイト先を掛け持ちしている人、アルバイト収入で生計を立てている方をさします。昨今では一般企業の正社員よりもフリーターの収入が上回っている場合もあるようですが、フリーターはあくまでも時間給での収入なので、一定収入がないとみなされ入居審査でもNGである場合が多いようです。

一番簡便なのは、実親に申込人と保証人になってもらうという方法で入居審査をクリアする方法です。遠方に両親が住んでいる場合には、契約のために足を運んでもらうこと、印鑑証明書・住民票・身分証明書等の必要書類を揃えてもらうデメリットがあります。その一方で部屋探しをするうえで、両親からの支援を受けられないという方も多いようです。勤務先から就労証明書をもらいアルバイト社員でも定職であることをアピールする点、勤務先の責任者に保証人として入ってもらうことなどで問題回避できる部分もあるようです。中には、勤務先に社宅扱いで希望する部屋を借り上げしてもらい、給与から家賃を天引きしてもらうという方法もあります。ただし、このケースはアルバイト待遇の場合可能性が低いケースといえるでしょう。

このほかには、大手の不動産業者ではなく、小さな物件を扱う不動産店を当たってみるのも一案です。不動産店の店主は信用第一の職業ですので「人の本質を見抜く」ことにたけている方が多いようです。誠実さを見せることで入居審査も通ることが多くあるようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

駐車場つきの賃貸物件
今や家庭に自家用車があるのは当たり前になってきました。賃貸物件でも駐車場が付いている物件はとても人気が高いといえます。賃貸物件を探している際には、駐車場は必須という方も多いのではないでしょうか。駐車... 駐車場つきの賃貸物件の続きを読む>
古民家の賃貸物件
古民家に暮らしたいという方が急増中です。田舎の古民家にセカンドハウスを設けて、週末だけ田舎暮らしを堪能するという方もいるようです。また、古民家は築年数も経過していることから、大家さんの了承を取り付け... 古民家の賃貸物件の続きを読む>
日本家屋の賃貸物件
このところ、リフォーム番組などで大きく取り上げられ再び脚光を浴びている日本家屋。地域によって事情は変わりますが、区画整理や代替わり等によって古くから残されている日本家屋がなくなりつつあります。中には... 日本家屋の賃貸物件の続きを読む>

このページの先頭へ戻る