入居審査

入居審査

賃貸物件の部屋探しをするうえで一番の難関は「入居審査」であるようです。成人で定職があること・保証人を立てること・敷金礼金等の支払いができることなどがポイントとしてあげられるようです。また、正社員として働いていても水商売・風俗系というような職種が特殊な場合には入居審査が通らないこともあるようです。一定収入のあるフリーターでも不動産業の中には、「無職」とみなし入居審査を通らないこともありうる話です。

フリーター系の方は勤め先に相談をして、不動産業者に提出するための就労証明書をもらいうける事や職場の責任者に保証人をお願いするなどの工夫と努力が必要です。最近では、一つの物件に対して複数の不動産業者が情報をシェアリングしていますので、別の不動産業者を当たってみることもお勧めします。不動産業者の意向ではなく、家賃収入を優先させたい家主の考えで無職・フリーターはNGという場合もありますので、注意が必要です。

入居審査を通らないかもしれないという要素を持っている方は「住居を持たないと仕事を探せない」「頑張ります」というような意気込みをしっかり不動産業者へ伝えるようにしましょう。またご両親を味方につけて、両親に間に入ってもらう方法も一案です。入居希望の本人もラフな服装を控える事等を基本に不動産業者を回ることをお勧めします。誠実さが伝われば、不動産業者も妥協してくれる部分が出てきます。あなたの人柄をしっかりアピールすることも大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

駐車場つきの賃貸物件
今や家庭に自家用車があるのは当たり前になってきました。賃貸物件でも駐車場が付いている物件はとても人気が高いといえます。賃貸物件を探している際には、駐車場は必須という方も多いのではないでしょうか。駐車... 駐車場つきの賃貸物件の続きを読む>
古民家の賃貸物件
古民家に暮らしたいという方が急増中です。田舎の古民家にセカンドハウスを設けて、週末だけ田舎暮らしを堪能するという方もいるようです。また、古民家は築年数も経過していることから、大家さんの了承を取り付け... 古民家の賃貸物件の続きを読む>
日本家屋の賃貸物件
このところ、リフォーム番組などで大きく取り上げられ再び脚光を浴びている日本家屋。地域によって事情は変わりますが、区画整理や代替わり等によって古くから残されている日本家屋がなくなりつつあります。中には... 日本家屋の賃貸物件の続きを読む>

このページの先頭へ戻る